Search this site
<< Diary 18. | TOP | Diary 20. >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
Diary 19.

2012.3.23-3.24  ArtTheater dB神戸

アスベクトス・プロジェクト from ニューヨーク/パリ
with 森田かずよ 西岡樹里

『餓鬼界の無限の至福』

 


写真の被写体になって下さっている、 
ダンサーの西岡樹里さんが出演された公演です。 

わたしは劇場で拝見したのですが、 
残酷なはずの世界観が息を呑むほど美しく、 
目の前に存在する肉体、魂の重みが突き刺さる舞台でした。 
 
とても素晴らしかったです。 
 
そして公演の翌日に、撮影した写真です。
(左側の女性が西岡さんです)


   
 

わたしは、身体を使って表現されたものが好きで、
 コンテンポラリーダンスや演劇、映画をよく観に行きます。 

そして写真もそのひとつだと、個人的に解釈しています。

 地下道を15分くらい歩くのも好きです。 
単純に、目の前で身体が動いている、その現象がとても面白い。 


そしてそれはそのまま、劇場でのダンスそのものだと思うのです。











posted by Rie Morimura | 21:37 | DIARY | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:37 | - | - | - |